久々の投稿

忘れていたこのホームページ。なんとか立ち上げたものの、全く役に立っていないのが、実情。

非常にもったいない。この間、いろいろありました。

しかしながら、この不動産業には、ITがどんな役割をもっているのか?それは、一概には言えず、

ケースバイケースであることをつかみつつある。

まず、首都圏など、ある程度のエリアに絞るのは確実。

というのは、家を探す人は、少なからず、関西と関東を同時に探す人はいない。

エリアを絞ってから、物件を探すのだ。そこは確実であろう。

とすると、首都圏というのも広すぎる。東京を中心と考えると、通勤・通学圏で、一都3県か。。。。

もう少し具体的には都内になる。。。。

とすると、都内の情報だけでも、決して足りないわけではない。

それもまた、ある程度の絞りは可能だ。

例えば、webで、都内の物件探しをするためと仮定して、サイトを検索すると、それらのポータルサイトと

呼べるもの。たくさんあります。

若い人向けに、大学生の情報収集は、これらwebサイトが、メインであろう。

自分の希望する条件を入力して、検索。これほど、今の若者が得意とする技はあるまい。

様々な角度から、かなりの精度で、確実にそれらをデータ化することがすごく上手い。

うちみたいな不動産屋に昨今、大学生のお客様が少ないのは、この先がポイントだ。

大学が、自分の学生に対し、非常に親切だということ。

記事一覧
アーカイブ
Follow Us
  • Twitter Basic Square